若葉の剣 単発漫画集

冒険者パーティ『若葉の剣』の単発漫画集。

基本的にギャグコメディ。BL要素があったりなかったり。

登場人物

マーク

本編では主人公(一応)。この漫画では基本的にツッコミ役。
いたって普通の家庭に生まれたからか、常識的な感性を持ち、保守的な面がある。
幼馴染のエッジに並みならぬ愛情を抱いており、彼のためなら自分の命も差し出す。
しかしエッジの方もマークに偏愛とも言える感情を抱いているので普段は相殺されている。

エッジ

ヒロイン(攻め)。この漫画では基本的にボケ役。
田舎の領主の三男坊で、昔は体が弱く気弱だった。
幼馴染のマークが大好きで、普段は明るく無邪気だがマークのこととなると顔色が変わる。

ギルバート

ゴーイングマイウェイな戦士21歳。ボケだったりツッコミだったり。
メロウに惚れている様子を見せるが、実はマークとアダルトな関係だったりする。
基本的に俺様だけれど、面倒見は良い。

メロウ

丁寧口調一人称私の男の娘。かなりの美少女(♂)。
手先が器用で回復用の花魔法も使える万能なひと。
その上、足癖が悪く気に入らない相手はよく蹴り飛ばす。
過去に助けられたことから、グリーンのことを敬愛している。
昔の因縁から、エフドによく喧嘩を売っては喧々諤々と言い争う。

エフド

外面だけは良い童顔魔術師。しかしその実態は故郷の島を丸ごと火の海へと変え、住民を虐殺したとんでもない鬼畜。
魔術に関しては天才的な才能を持っているが、精霊魔法だけは使えない。
メロウとは仲が悪い。

グリーン

パーティの良心で最年長の吸血鬼。見た目は二十代前半だが、もっと歳を食っているらしい。
口は悪いが優しい。弱者が困っているのを放っておけない気質で、そのせいで割を食うこともしばしば。
昔は『若葉の剣』とはまた違うパーティに所属していたらしいが、過去のことは話したがらない。